さっぽろ1 new!

3年ぶりの札幌だと思う。
8月末に札幌で行われる現代舞踊フェスティバルに、
能藤玲子舞踊団の1人として参加することを決めた。
3年前、

read more

でも、そんな音楽なだけ。 new!

肉体と向き合う。
誰とも話さず。
もちろん歌いもせず。

ただ黙々と、たぶん今日も。

自分の内側を
感じ
想像し
動かし
集中する。
苦しくて声が出てしまう。
そんなウタなら歌っている。

まだまだゼロにもどらない。
ひどくマイナスにしたのは、
もどれない過去。
潔く受け入れて、
出来るだけもどしたい。
せめてゼロに。まずは。

シャワー室で
いろんな肉体を見る。
ついているものも
中に収まっているものも
みんな同じはずなのに
どうしてこうも
1つ1つ
全く違うんだろう。
そして鏡に自分を映して
ただ ゲンナリ する。
小さいときからゲンナリしてきた。
自分に愛されないカラダ。
私に別れる気はないからって油断すんな、
私に愛される努力をしろ。せめて。
作品の一部にしてもらうんだ、
これはミソギである。


肉体と向き合う。
誰とも話さず。
もちろん歌いもせず。

でも、そんな音楽なだけ。
静かにひとりで奏でている。
誰も聴いていないけど
自分だけが耳をすましている。
そんな音楽なだけ。
ただ黙々と
たぶん今日も。

かみさま new!

かみさま のように思える人がいること
それが凄いと友人は言いました。
そうか。
そうかもしれない。
私のことを 神 だと言ってくれる、ありがたすぎる友人には
神らしくふるまって小芝居で遊んでもらっているけれど。

私にもいた。

今日は、かみさま に電話をした。
おそれ多くて、
ほいほい電話が出来るわけもなく、
しなきゃしなきゃと思いながら遠ざかり、
手紙を書こうと、選んだ便せんばかりが溜まり。
そんな言い訳をだらだら言ったら、

いいんです、そんなことは。
きもちは伝わってきているのですから。

と答えた。
伝わってた....

私を理解し、叱咤し、激励し、、
時には、褒めてもくださり、
ともに大笑いし、
生きることの原点にあるようなことや、
喜怒哀楽のこと、その延長も隙間も、
からだで教示してくれる人。


とにかく元気なのかしらと思って。

とおっしゃるので、
実は、柄にもなく元気でもないことを
まただらだらと話したら、、

まりちゃん。
しっかりしてください。

と きっぱり。

そして、やはり かみさま の考えを聴いていたら、
側でお仕えしたくなってしまうのです。


過渡期にきていると思って。

とおっしゃるので、
やはり感じずにはいられない年齢のこととか、
そこに付随するもろもろのことを、
まただらだらと言ったら、

いえ、そういうことではなくて。

と。

表現することにおいて、
いちばん良いときなんですよ。

...............。

実際のところ、
なんだか すこしエネルギーが弱いんだな と  
すこし疲れてしまったんだ と思っている。
そんなときもあるか とも 思いつつ、 
無駄な動揺にエネルギーを奪われないように
こころの視線を動かさず、
満たされる ような思いを改めて感じて、
そういうのもいいよな と思えたり。


過渡期。
たしかに。
半世紀の地点が折り返しというわけではないにしても、
やはり、 今 は結構面白いときなんだろう。
そういうことではなくて は、
そういうことだからこそ でもあるんだろう。


11日。南相馬へ行く。
重く受け止めつつの日々。
使命のようなものを、
こんな末端にいる私にさえ託されているのだとしたら、
それは本当に、本当に、どれだけのことが起こってしまったのかと....
改めて思う。
音霊の神秘に、身も心も声も委ねて、
ただひたすらに、
無駄に こころ の視線を動かさず、
そこに出来る限りの祈りを集めて...


この事と かみさま の話は、
全然、別のところにあったのに、
しゅーーっと1つに重なって
頭ん中が、さーーーっと整列した。
余分なものが涙になってポロポロ落ちた。
渋谷の片隅で、そんなことが起こった。
春物の服で、ショップが眩しい中で。

かみさま からの指令は、
実現するかわからない。
実現したいような気はするけど、
想いとからだがまだ離れ離れ。
無理矢理近づける元気が、まだ出てこない。

それでも。

かみさま がいること

それがまず凄いことだ と
今日は、 こころ が、ふるえました。

げー new!

書いてたブログが、
充電切れで突然消えてなくなった。
うそー。
「充電で動いてます、少なくなって来てます、お腹赤いよ、はらぺこだーっ」て、
いつも知らせてくるじゃーん、あなた。
まったく無言だった、びっくり。
消えて知る有難さ みたいのやめてよ。
とりとめなく ではあったが、3時間以上....

さすが、おみくじ 凶!

だな。

なんでだか。

あまり腹もたたぬ。

いいね、あきらめがつきやすくてさ。
大した内容ではなかったのだと、
それでも、書いたことで整理された何かを、確信できてる。
上出来ではないかぁ。

凶 。すげぇ。

というか、
どんだけ貪欲か 己を知るばかり。

しれーっとさ、
やっぱり頑張ってしれ〜っとするより、
クールにやるのが良いよな。

さてと。
一杯飲むかな。
そして作りかけの棚をつくるのだ。

良い夜だ。

静と動、そして、しれ〜っと。 new!

時間が、常に 動 だ。
止まらないものがあるおかげで、
こっちも変化できるし、
変化せざるをえないし、
そして、あえて、止まる という意識も生まれる。

ここ数年、私が活動する中で、
わさわさしていたけど、少し静まったものがある。

それは 慣れ なのかもしれないけど、
しょうがない という事実や、
愛情 というかけがえのないものによって、
静められたのだ。
何度も静められては、やっぱりぶり返すような、
つまりは、縁の深いものなんだろう。
それでも、静める術を自分は知っている。
だからもう、静めることができる。

全然別の種類のもの...
強く低くざわざわしてたものは
完全にわさわさして、
考え方の軸に存在している。
これは、これからもずっとあるだろう。
そして、これとの付き合い方が、
生き方になるだろうと思う。
つまりは、静められないもの、、
動く時間の中で、一環して止められないもの。
死ぬまでかもしれない、、だとしたらある意味幸せかも。

子供の頃から抱えるトラウマにも似たなにかも、
常に流れていて、
時々、思い出したように浮き上がってくる。
そのまましばらくまとわりつくからやっかいだ。
だからトラウマなんだな。

愛しい誰かへの、
止めてしまった思い、
静めたまま共に生きてく思い、、
未来にまで、それをどうしようか。
また動き始めてしまうかもしれない。
それでも、解決しなくていいと思ってる。
誰かへ思いを馳せることは、
年をおう毎に純粋になるばかりだ。
静でも動でもある、愛おしい存在。
いつでも動きたいし、静めて護りたいし。


時間が止まらないのは、
私だけじゃない。
家族、仲間、尊敬する人、若者、世の中、大地、すべて。
自分の静と動自体が、
動くものの上で存在していて、
周りのものも、みんな動いている、それぞれの速度で。
全てのものが流されているような絵に見えて来る。
出逢えたり出逢えなかったりする事の奇跡。


それでも、基本は、
しれ〜っとしていたいな。
感動や喜びに対しては、無防備でいれば良いだけだ。
それ以外の事、、
先に、壁を築いてしまっては面白くない、
でも、動いて動いて、
動かされて、静めなくてはならなくても、
しれ〜っとしていたい。
無理矢理な笑顔も気味が悪い。
ただ、しれ〜っとしてたい。
しれ〜っと。

1年の終わりに new!

2011年が終わる。
いつものことながら、あっという間に。
3.11の事があってテンポがよれて、
それに のる のが難しかったな。
時がちっとも待ってくれないおかげで、
留まるわけにもいかず、、なんとか進んだ。
秋以降のスパートは激しかった。


ひとりのステージ、コツコツと。
新しい出逢いが広がった。
金沢、福岡、徳島、仙台、山口、広島。
たったひとりで、つけていく足跡。
行った先々で、みなさん喜んで下さっているが、
足場になり、道がついていくのかは まだ解らない。

金沢は、ふと遊びにいった事がきっかけで、
命の現場にいる方々との繋がりができ、
そういう方々の中に音楽がしみていくのが嬉しかった。
音楽が本来持っている力が、
とても明るく親しみやすい形で存在させてもらう事ができた。
影絵もご紹介できて、みなさん感動してた。

福岡は、
DiVaを通じて交流を深めた、宅老所よりあいのスタッフの方が機会を整えてくださり、
150人の保育園児達の前で歌ったのも初めての事だった。
お寺やギャラリー、個人宅の素敵なリビング...
秋に行って、クリスマスも是非!と呼んでもらった。
本当に色々声をかけて下さって、、その行動力の俊敏さに合掌。
それで山口や広島でも歌う事ができた。
山口は、80名を越すお年寄りの前で、、
広島は、素敵な古民家を改装した空間で。

徳島は、住友紀人さんとの御縁で、
校歌を歌った看護学校でちょこっと昼休みライブ。
毎日、校歌が流れるらしく、
ソロで歌った素朴なバージョンが好評だった。

仙台は、やっと行けたという感じ。。
地元のパーソナリティの方とのコラボも楽しく、
そして色んな話を慎重に聞き、自分の目で見て、
ステージは、あくまでも平常心で、丁寧に。
何かが届いていたら嬉しい。

すっかり仲良しになった倉敷は、今年2回行く事ができた。
ライブする場所が、毎回違うのだが、
美観地区をはじめ、魅力的な空間が多くて、
そんな場所をフットワーク軽く見つけて、迎えて下さる方々の力は、
本当に、有難く、心強い。

やはり仲良しの浜松は、震災後の4月。
リハビリのように歌いだした私を、
浜松のお客様の繊細な耳に、ちゃんと受け止めてもらった。
そこで新しく繋げて下さった富安さんに呼ばれて、
夏には浜名湖のイベントにも参加した。
素晴らしいイベントだった。

残念なのは、札幌は行かれなかった事。
でも、新たな足場を作って行けば、
その先に、訪れる道はつくと思う。

ひとりで、
運び、
セッティングし、
サウンドチェックし、
プログラムを組み、
化粧をし、着替え、
歌い、
CDを売り、
サインをし、
バラシて。
11月、12月と続いたあとのマッサージは、
身体を動かしていない と言われてしまった。
ストレッチだって。
考えてみれば、これを黙々と繰り返して、
帰って来たら寝落ちてしまって、
肩をグルグル回すくらいだったかも。
逆から考えると、良く続いてるよなとも思う。
ストレスがあまりないので、疲れに気付かない。
でもソロは、私の大きな幹になってくと思う。
身体の事と、音の環境の事、事務的な雑務、
もう少し要領よく進めてこ。


ソロでの流れとして、
紺野美沙子さんとの共演が宝物になった。
同じステージに立っている事は、とても不思議なのだけれど、
なんだか昔から知っているようにフィットして、信頼感がある。
聡明で真面目で、明るい。
おおらかで優しい。
お茶目で可愛くて、透明感を失わない人。
いろんな話もたくさんした。
そして、とても応援してくださることが有難い。
ベルベットのうさぎ に参加できた事が、本当に嬉しい。
音楽が変わっても良いと思う、、
守っていくべき、残すべき作品が誕生した事が素敵なんだ。


その影絵の、Jack Lee Randall さんとの出逢い。
彼とのduoが、この先広がってくと良い。
そのために、お互い、何かしら新しい"方法"の様なものを、
色んな角度から生み出していく事が必要。
12月、DiVaにゲストに来てくれたのは、大きな一歩だった。
彼のセンスが、作品や、映りこんでくる彼の手先なんかにも感じられて、
その人柄やルックスも、心をつかむものがある。
そしてLeeさんは、私の話を、すごくちゃんと聴いてくれて、
日本人よりも理解してくれたりする。
しかも、感謝の仕方みたいなものが自然で素晴らしい。
いっつもそこに感動する。
なんか楽しいことをしたい。
彼とタッグを組むことの多い、maoカンパニーの皆さんも、本当に素晴らしい。
繊細な作品を、丁寧に静々と進めて行く姿は、暗い中で輝いている。
すっかり仲良しで、富山に行く機会も増えた。


そして、いわき。
子供達と遊んだ。
みんなマスクをして集まって来た。
あべひろしさんや増田さんの話に耳を傾け、
大漁旗をつくった。
あいらぶたーいりょ〜 歌う頃には、みんな大分疲れてたみたいだけど、
ふとした時に口づさんでいるって。
私も耳に残ってる。
津波の被害で、魚の少なくなった水族館、、でも、再開が嬉しい。


黒田京子さんとのduoは、2回。
水面下的ではあっても、実は、やっぱり面白いライブだった。
新たに挑むことがあるライブというのは、
少し大変でも、やっぱり逃げずにやっていきたい。
そして、黒田さんのピアノは、やっぱり素晴らしい。
音が、なんというか、唯一無二。
観に行ったものも素晴らしかった。
音そのものに感動する。


坂上領さんとのduoも楽しかった。
けしてバックという存在ではなく、2フロント。
いろいろ描いている世界観に共通点が多い事も解って、
この先また楽しくなりそうな感じ。
彼の曲に、さらっと文章が浮かんだり、
彼のユニットpiadaも新アルバムが出来たとのこと。


DiVaは、派手な動きはなかったけれど、
どんな1回も、絶対だ。的確だ。
私の 源 であり、 泉 だ。
声、歌、心、、いろんな事の 源泉 。
いつも大切で、かけがえのないもの。

鶴岡は、鳥越啓介さんのベースでのDiVa。
鳥越さんの音を新鮮に楽しむ1回は印象的だった。
鳥越さんともソロ同士で御一緒していこうと話している。
鶴岡にもまた行きたい。

1/7,,横浜の県立音楽堂で、俊太郎さんと共に、ライブ初め。
紅葉坂の上は、子供の頃から慣れ親しんだ場所。
俊太郎さんと一緒で、東京近郊は貴重、、是非!


トランスパランスも、やはり、かけがえのないもの。
ライブも、ますますゆるーいまま進んでたけど、
聴いたひとは、大好きになってくれる。
飲み会てきなものを大胆にU-stした事と、
種ともこさんとの出逢いが嬉しかった。
種さんの25周年記念ライブに招かれて、
それぞれ6,7曲コーラスアレンジを担当し、全19曲。
それを身体に入れる事までが、ちゃんと成されないうちに本番っ。
右脳左脳働きまくりで、それぞれのゲラゲラな失敗とかも含め、
なかなかの達成感に、お互いを改めて認め合えたのが凄く嬉しかった。
1/11吉祥寺マンダラ2,,来年のねこトラ珍道中はお休み。


to the south は、今年もちゃんと年4回。
黙々とこなしていた感じ。
映像をつくったのが、大変だったけど、すごく楽しかった。
来年の動きは、まだ企んでない。
美智子ちゃん自身の動きもどんどん活性化してきているので、
やらなければ ではなく、 やりたい ベクトルの先に、
心してライブをやりたい。
2人だからできる事がある限り。


Singing In the Park も今年は出逢いがあって新鮮だった。
PENCIL BUNCHとのイベント、Live in Harmony 。
それぞれの色は正反対みたいところもあって、
非常に刺激を受けた。
恒例になってきた病院でのライブも、また感激のうちに終えた。
しかし仲良し。
笑いの絶えないリハ、
終わって御飯を一緒に食べては また笑い、飲み食べした。


録音仕事の数々も楽しかった。
レコーディングは好きな作業。
もっともっとやりたいけれど....

鶴谷智生さんのアルバム参加が御縁で、
大好きなvocalist前田優子さんのアルバムが発売になる。
やはり大好きなvocalist mookiさんのアレンジのアカペラ曲に参加した。
完全1発録り。
お互いが耳を澄まし、研ぎ澄ましあった瞬間を、
本当に修正する事もなく収録されてる。
その2人をまこたつに呼んでいます。
素晴らしいアーティストを知ってほしい。

んでもって、私も個人のアルバムを作りたい。
もう3年くらい、そう思っているが、後回しになってるなぁ。
なんかあまりまとまってないんだよなぁ。。
録音時間なんて、少ししかいらない。
ようするに、その前後の作業だ、問題は。
ぼーっとしてるモノを、現実に向けてまとめてくかな。


さっき、いわきを書いたけど、
石巻、相馬、南相馬も、
音楽と関係なく行って来た。
あそこに今は雪がつもっているのかな。
出逢った方達の顔が浮かぶ。
また行こう。
音楽でも行かれるかもしれない。
また話を聞こう、何度も何度も聞こう。

・・・・

だいたい、振り返れたか。。
やはり、
出逢い、繋がり、感謝
これにつきる。

ツイッター中心で、ブログに拒否反応になってた。
来年は、FBデビューもしよう。
そうすると、ますます書かなくなったりするのか。
まめな人を見ると、焦ったりもするけど、
まぁ、あまりガツガツしすぎず参ります。


2011。
本当にみなさま、お世話になりました。
応援してくださるみなさま、
仲間、スタッフ、
御協力くださった全てのみなさまに、
心より感謝申し上げます。

来年は少しでも穏やかな年になるといい。

2012年も、どうぞ宜しくお願い致します。

新年会は、1/6『まこたつ』です。
客席も畳になります。
一緒に乾杯いたしましょう〜

111223_1948~01.jpg
2011.12.31 高瀬"makoring"麻里子


=====================

makotatsu03.jpg

1月6日(金) 『まこたつ』

@高田馬場 四谷天窓 http://www.otonami.com/tenmado/news/

出演;高瀬"makoring"麻里子(進行,Vo)

ゲスト;鈴木よしひさ(変態Guitar?!)/前田優子(Voz)/mooki(Vo)/柳家小春(唄,三味線)

お料理;大島櫻子

開場;19時  開宴;19時半
charge;3500円(小さなお料理付き,Drink別) 

御予約メール

どこからどう.... new!

久々すぎて、
どこからどうしたらいいのか
もはや解らない。。

とりあえず、ここんとこの心の動きを。


忙しそうなふり の来月に向けて、
なんとなく息を整えてる今日この頃。

暑い夏は、嫌い。
できるだけ息を潜めてたい今日この頃。

息を潜めてはいたものの、
さすがにいいかげん、
大模様替えに突入せんと意気込む今日この頃。
ためにためてしまったから、ちゃんとやりきるには勇気が必要だ。
出来るかなぁ。。自信がない。
メジャーを持って、色んなものを測っている。
寸分も間違う訳にはいかない、、
劇狭空間。創意工夫。計画設計。


好き。
思うだけで、どこまでも潤う。
余韻まで愛おしみ、
心の糧とはまさに...と実感。

嫌い。
思ってない、憎んでしまう。
余韻までささくれて、
せめて逃げよう、と実感。


人の欠点
自分の欠点
心の中で責めまくって、泣いた。
人の長所
自分の長所
認めてる、認めたくない、揺らいだ。


言いたい事、
言えない事、
まじでエネルギー使う。
疲労。


こんな事もいいのかも、、という"夢"を
案外、近所に描き、
案外膨らんだのだけど、
そうなってくると、
近所ではすまなくなってきそうで。
御近所気分、、
それが自他ともにまかり通るのは難しい。
確かな実績と時間が必要。
でも、今欲しい。
確かじゃない、未来じゃなくて。
出来そうなのにな。
わかんなくなっちゃう。


そして
美味しいお酒と食べ物にも出逢えたな。
共にいた人
かわした言葉
その空間
子供の私、大人の私、女の私、男な私....

思い出し笑い


・・・・・・・・・


今年後半。
とりあえず、
楽しめ な感じでいけるよう、
そのための がんばり は がんばろう。


ふにゃ〜
あつい
やだ
かゆい
やだ
なつ
きらい

トラパラ7歳 new!

本日23:30より、
お誕生会という名の女子会という名の飲み会を、ust配信してしまいます。
ライブではありません。
飲み会の配信です。
ひどい。
適当に御参加し、適当にご退席くださいね。
だいたい1時間くらいの予定です。

http://bit.ly/ivwHUB

こ・これは! new!

私の音源とか動画って、
you tubeに上がってること少ないんだけど、
これを見つけてびぃぃっくりした。
もう20年くらい前の音源。
コーラスではなく、
ちゃんとソロとしていただいた録音仕事の、
最初の方の3つめと4つめくらい。
バックもなんとなく古め。
いやぁ〜懐かしいなぁ。
スタジオがどこかも憶えてる。。
出されたダメだしや、挑戦した事や、褒められた事も、良く憶えてる。
やっぱり出だしのエネルギーは強いんだな。
その後を作るよなぁ.....
あれから何曲の歌が、私の喉を通り過ぎたのだろう。
先日は、JALの機内オーディオで聴いたよ〜と言われた。
しかも、それをとてもとても嬉しかったと言ってくれるのは、
本当にこっちにとっても嬉しいことだ。
そうか、そんなに嬉しいのだなと。
たまたま一般的に耳にするものに、
たまたま存在してたってな事は、
やっぱりいつも応援して下さる方の大きな喜びになるのだ。
そう思うと、自分の価値観とかとは別に、
単純に 売れる という事とか
メディア というものの力を感じて、
ん〜〜〜〜〜と唸るのである。
ま、私のくらいのレベルでは、
自分でも単純にやっぱ嬉しいんだけどね。ふふふ。


秋田CD文庫『海のトリトン』
カップリング曲「Dream in blue」作詞:高瀬麻里子/作曲:菅井えり
テーマに続いて、3分30秒くらいから出てきます。

こんなブログも。
http://blogs.yahoo.co.jp/horagai_of_atlas/1324006.html


ドラゴンボール ヒット曲集 「あとはSilence...」作詞:渡辺なつみ/作曲:つのごうじ
※クリリンに対する18号の思いが綴られた曲

ここにも。
http://nicosound.anyap.info/sound/sm8705162

こんな嬉しいレビューも。
http://www.amazon.co.jp/ドラゴンボールZ-ヒット曲集16-WE-GOTTA-POWER-TVサントラ/dp/B000H30H26/ref=cm_cr_pr_product_top

4月を振り返る~その7 福岡編~ new!

read more

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |8| 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 |All|

About D-D-D-D

makoring
ぐずぐずぶらぶら道草しながらの日々。

Recent Sche-che

Recent I'm tarr

CD

Podcast

Podcast

iTunesなどのPodcastingに対応したアプリケーションにこのバナーをドラッグ&ドロップしてください

my space

my space music

こちらで楽曲の試聴ができます

makoring mobile

QRコード
携帯はこちらから

Powered by
Movable Type 3.35