東京の夕暮れ new!

先日やった仕事からめぐりめぐって、
もう7、8年にも前に仕事を頂いていた方にまた繋がって、改めて録音の仕事をいただいた。
今日は、その頃、良く行ってたスタジオへ。
そこは、天王洲にあって、運河沿いだから気持ちがよい。
あの頃は、りんかい線もなかったような。
3曲の録音は、ゆったりとやりながら1時間半くらいで終了。
谷山浩子さんの曲が、さりげなくて可愛い曲だったなぁ。
また新しいラインが出来て嬉しい限りです。
帰りに撮った1枚。
ビルに映る夕陽の赤が綺麗で、忙しい年末に入る東京を、夕暮れが黙って見つめているような感じがしました。
071122_161701.jpg

家に帰ってからバレーボールを見て、
夜、友人と会って、食事がてら、まこたつ企画について話した。
寒いのに、乾燥してるせいか、ビールもちゃんと美味しいですな。

mitamakotake3と撮影 new!

3度目のmitamakotakeは、荻窪ベルサンで。
なんだかゆったり〜としたライブで、
私達は楽しくとも、全体のテンポとしてどぉだったんだろう、
なんてちょっと思ってしまったのだけど、
こっちの心配に反して、お客様サイドは、それなりに楽しんで下さっているという・・・
不思議。
こういうの、時々あるんだよなぁ。
そして、同じような感覚で、終了後、首をかしげているミュージシャンも、良くみかけるのです。。なんかミューズの悪戯なんだね、こういうの、きっと。
録音も聴いたけれど、悪くない。
新曲が3曲もあったんだけど、
その中には、本来、ベルサンの店長におさまっている場合ではない、
ミュージシャン黒澤ダイスケさんの曲のカバーも隠されていたのでした。
これが、なかなか不思議な存在感。
たけさまと一緒に歌う事や、
男っぽい部分が露呈せざるをえない みたさまのギターで
サウンドが立体的になってる感じ。
DiVa曲も、なぜか、とてもポップに歌う自分がいた。
男性2人に守ってもらってる女性としての心地よさも、1つの理由かな。
mitatakeは、クリスマスにCDが出るし、
mitamakotakeとしては、具体的に予定が出ていないのだけど、
そのレコ発などには顔を出すつもり、、
そして、mitamakotakeも1月には、またどっかでやりたいと思っています。
お互いの活動の、変化球だったり、箸休めだったり、
刺激と癒しが同時に存在する場所になっていくといいな。

日曜日は、代々木公園へ。
写真を撮ってもらった。
あんまり撮られ馴れていないし、スナップみたいのは照れくさいけど、
セッション的に撮られるのは、自分に確実に向けられてる視線が安心を呼ぶので嫌いではない。
色んな顔があった。
なんだか懐かしい表情もあった。
顔を見て、年取ったなぁと思ったって、
子供の時の自分が変化してきてるだけなんだって感じの。
なんかね、いろいろ刻んできてはいるみたいなんだけど、
全く深く刻まれてない感じ。
浅いのか・・・?
やっぱり。。
子供なだけね。はい。
ここまで生きて子供キープという事は、周りが大人だという事か。
あぁ、世話んなってます。あたし。あぁ。

DiVaライブ特別メール先行予約のお知らせ new!

====================
おまたせしました、DiVaライブ@東京決定!
特別メール先行予約のお知らせ
====================

lovesongs.jpg

深まりゆく秋の日を、いかがお過ごしですか?
5年ぶりのDiVa@東京ライブ「はるのゆめ」から、はや7ヶ月が過ぎようとしています。
いよいよ、次回の東京ライブが決定しました!
こんどは、ヴァレンタイン・デーです。

会場は、東京オペラシティ・リサイタルホール。
たくさんの詩人によってうたわれてきた様々なかたちをした「愛」を、
この夜、DiVaサウンドにのせて、しっとりとお届けしたいと思い ます。

あなたの大事な人と、いえいえおひとりでもどうぞ、お運びください。


=====================

凍てつく夜を、あたためるうた。

現代詩をうたうユニット
DiVa Love Songs

2008年2月14日(木)
18:30open 19:00start
東京オペラシティ リサイタルホール
チケット:前売5,000円 ペアチケット(前売のみ扱い) 9,000円 
一般発売 11月25日(日)


〈メール先行予約のおしらせ〉

先行予約受付期間 11月23日(金),24日(土)
先行予約受付メールアドレス travessia@mbn.nifty.com 

以下の内容をご記入いただき、上記アドレスへお送り下さい。
1.お名前
2.ご住所
3.電話番号
4.ご希望枚数
5.2007/4/1 南青山マンダラ「DiVa・はるのゆめ」におこしになりましたか?
6.DiVaへのメッセージ

・メール受信後、こちらから受付番号をお知らせするための確認メールを送らせていただきます。11月25日正午を過ぎてもこちらからの返信がない場合は、TRAVESSIA(090-8720-0487)へ ご一報下さい。

・チケットは「普通郵便」で送らせていただきます。送付完了後メール でお知らせをいたしますので、メールが届いたあと1週間経過し ても届かない場合は、TRAVESSIA(090-8720-0487)へご一 報下さい。

===================================

遠出 new!

少しの間、ふらりと遠出をしてきました。
ゆったりできたかというとそうでもない。
いろんな事を考えたような、
何も考えなかったような。
見事に、音楽はいっさい聴かなかった。

071110_101101.jpg

さてと・・・やりますかっ。
年も越えて、とりあえず春くらいまでを視野に。

様々の来てね new!

17日の みたまこたけ は、
三番目の出番で、21時頃のスタートです。
お互い慣れ親しんでる場所です。
なんか、ワクワクします。
来てね!

あ、12/3のS.I.P.ですが、今回会場がせまいので、100名限定とさせてもらっています。
現時点で、半分くらいは埋まってきたようです。
御予約予定の方は、お早めに!

DiVaは、来年のバレンタインデー、、
前売開始は、11/25くらいになる予定です。
チェックしてて下さいぬん!

11月は29日に、急遽、to the south はいりました。
新宿サクトです。
アコースティックな音の響きの良いハコです。
対バンも大人っぽい方々とか。
・・・対バン "も" ??
私は、大人です。ぽい かは知らぬ。
来てね!

今日の事と速報 new!

今日は、美智子ちゃんとイベントに参加してきます。
それとね、DiVa速報です!
来年のバレンタイン、、東京オペラシティリサイタルホールです。
DiVaの奏でるラブソング、クラシカルな空間に響く!?
今月末には予約が始まる予定、、詳細出次第アップしていきますね〜!!
お楽しみに、チェックプリーズ。

でわでわ、
以下は、今日の主催である、DRAMATIC NIGHT事務局のさすらい二郎さんの
コメントです。

DRAMATIC NIGHT VOL.83
11月4日(日)高田馬場・四谷天窓.comfort

新宿区高田馬場3-4-11 BaBa hatch 5F
03-5338-6241 http://www.otonami.com/
開場:18:00、開演:18:30
入場料、2,000円+1drink代
オープニングアクト:Tree
出演:さくらかおり、、
to the south〜高瀬"makoring"麻里子(vo)+南方美智子(pf)〜、
chibi
ゲスト:山本さくら

さくらかおり、to the south(高瀬麻里子のユニット)、chibiがメイン出演で
それぞれ40分ずつ演奏します。
ゲストに山本さくら、またオープニングにTreeが出演することになりました。
ピアノ系アーティストのそれぞれの個性をお楽しみ下さい。

さくらかおりは、恵比寿swtich等で活躍中の若手ピアノ弾き語り、
12月のワンマンも完売し波に乗っています。(初出演)
http://www.sakurakaori.com/top.html

to the southは、まこりん(高瀬麻里子)とねこマジの南方美智子のユニット。
まこりんは「珍癒し型ハモリ女性3歌楽坊」”トランスパランス”でご存じの方も
多いでしょう。
遊び心いっぱいな歌はいわば声の遊園地。
今までのDRAMATIC NIGHTにないタイプの実力派女性アーティストです。(初出演)
http://www.makoring.com/

また、chibiがソロとして初めて出演します。
昨年の第一回日本橋音楽祭&名古屋ラストライブ以来、およそ1年ぶり
の出演です。(当時は、熊だ!さんとのユニット)
http://blog.livedoor.jp/chibikurage/

ゲストの山本さくらは、昼のcomfortにも出演、ファンのみなさま、
どうぞ昼夜連続でお楽しみ下さい。
http://www.sakurainbow.com/

Treeは、女性ボーカル+女性ピアノのユニットです。(初出演)
今回はオープニングアクトとして2曲のみのお披露目です。
http://www.urban.ne.jp/home/treeaa/

出演時間の目安(多少前後することがあります。)
18:30-18:40 オープニングアクト:Tree(ボーカル+ピアノのユニット)
18:45-19:25 さくらかおり(ピアノ弾き語り)
19:30-20:10 to the south〜高瀬"makoring"麻里子(vo)+南方美智子(pf)〜
20:15-20:35 ゲスト:山本さくら(ピアノ弾き語り)
20:40-21:20 chibi(ギター&ピアノ弾き語り)

この後、セッションも予定されています。
どうぞお時間の許す限り、最初から最後までお楽しみ下さい。

ひまつぶし?! new!

なんでまた・・・というような部分に目をつけ、音にし、しかも団体で、
というような、私の大好きなそのパターンの、
最高にグレードの高い、素敵な大人達、が子供のように戯れた矢先に出て来る音楽。
まぁ、たしかに、トラパラとかもそういう思いで作ったし、
私自身のやっていく事というのも、そうしたいのだけど。。
凄い人達の'ひまつぶし'なんて、
もう、最高にきまってるじゃないですか。
私のラブソング「ばか」を送りつけてやりたい、もの凄い例ですってば。
キリングタイム(=ひまつぶし)初体験した。

気合いを入れて行った先は、ブルーノート。
あぁ、ブルースアレイだったと気付いたのは、
ブルーノートってどこだっけ?と迷い始めた頃(結局ブルーノートにも辿り着いていない)。
あわててもしょーがね〜と思いつつ戻り、
かつてS.I.P.も演ってたブルースアレイに、迷うことなく到着(当たり前)。
もちろん始まっていたのだけど、もう、入ったとたん ,すげ〜〜〜〜と思っちゃって、
もう、全身がニコニコしました。
総勢7人の大人様方は、16年ぶりに全員が揃ったとの事で、
誰かがいないキリングタイムを知らない私には、
その貴重な機会の意味を知る事無く、
ただただ浴びるようにそのサウンドに酔いしれたのでした。
かつてアルバムを聴いてた小川美潮さんの唄も聴けて幸せだった。
お客さんは、変拍子にも間違う事無く身体を揺らすファンから、
どうみたってミュージシャンとかが多かった。
私と同じテーブルの人達は、
キリングタイムは、どこでライブをやるべきかとか、
このチャージでこれだけ入ったら、メンバーひとり*円くらいはもらえて良かった良かったとか、
今日の客は、食事も楽しめるし〜と思って来て、キリングタイムのアルバムなんか持ってなくて、今日初めて聴いて、こういうもんかと思ってもう来ないはずだ、とか、
最終的には、俺は単純に音楽を聴きに来てるんだからっ、、と
ん〜、ファンなのであろうが、ん〜、理論的な、ん〜、上手く言えない、、
ん〜〜〜〜で、最後には、両手を上に上げて拍手してたようだから、良かった良かった。

いやーいやー、連ちゃんライブを終えて、
先日は、アルタードステイツを体験し(これまたすんごくって大感動)、
昨日は、キリングタイム。
今日は、ネコさんの劇版録音を見学させてもらった後に、観劇です。

外からの刺激は、内っかわに何を残すんだろうか。。。

脱力 new!

昨日は、ねこマジワンマンを観にいく。
to the southの挟み込みDMを御願いする事もあって
青山のマンダラに18時くらいに到着。

1週間前には、ここのステージたっていたのにな。

入る時に、お客様の1人と遭遇。
開場一時間前、、熱心なねこマジファンなのであろう。
私が入ろうとしたら、
「もう入れるのですか!?」
と言われてしまい、とっさに
「あ、まだ・・・えっと、私、スタッフなので。ごめんなさい。」
と言ってしまった。スタッフって。。。
でも、仲間なので・・・?変だよね。。
友達なので?う〜〜〜ん、
あ、関係者かっ!忘れていた、その言葉。
でも、咄嗟に出た スタッフ という言葉も、全然正解〜!
なくらいの、、我が ねこマジ。

あぁ、あの、美智子ちゃんがいます。
なおちゃんは、「かわいいー」って、頭をなでてくれる。
一番久々なよっちゃんも、あまりにも自然な口調で
「あ〜〜〜まこりーん!久しぶり〜。じゃ、楽屋行く?」って。
楽屋入ってすぐ、今日の衣装の事とか心配して、、
一瞬、協力できるものをとりに自宅にもどろうかとさえ思った。
こりゃ、スタッフだね。

邪魔するのもナンだな、、と思い、本屋経由でカフェへ。
開演10分前くらいに会場に戻り、前の方に陣取った。
お客さんで来る事の少ないこの場所の、
さらに座った事のない環境に、いささか緊張。
案の定、なおちゃんは、ステージから猛烈にアピールしてくるし、
よっちゃんの心の動きさえ手に取るように感じられて、、
そして、美智子ちゃんのパワーが格段にアップしている事に、
いつも以上に憧れを抱きながら
ただただ観客の私は、
ここのところの力を全部抜いて、
大親友達のステージに、甘えていたのでした。
だから「がんばって」で、なんだか泣いた。
前もこの曲で泣いたんだ〜とか思って
思い出し泣き〜 とかして、
よぉく考えたら、前は「反省」で泣いたんだった。
ごめんね、適当だ。
でも、力を抜いていいよって言ってもらえる場として、
勝手に位置づけしていたの。私ったら。
4連終えて、これが満願。
私は、この日を含めていた。

08・222。
にゃんにゃんにゃん。
楽しくやろうね。
その日が紹介された時、私は、とても誇りに思いました、そこに自分が存在している事を。

そして。
明日は、実はライブだったりする。
甘えてる場合じゃない。
茗荷谷の コントラストガレリア。
賢ちゃんと再び。
小さなスペースですので、行こうかなと思われたら、
その前に、かならずお店にお電話を。
CONTRASTO GALLERIA
電話03-5940-6771
文京区大塚1−1−3 1F 
最寄り駅は丸の内線の「茗荷谷」

千秋楽 new!

ふるいにかけられたり、
そぎおとされたり、
音だけではなくて、
心や身体の、
中から外から、
色んなものが見えてきた4日間だった。
それぞれの時間は、今までも、
私を軸におこっていたわけだけど、
それぞれの記憶も感触も鮮明なまま場面が移っていって、
自分と周りの存在と、それらの絶妙な縁や、
そこを行き来する様々なもの、
それを引き起こす根源みたいなものを再確認した。
それにしても、私。
こう歌わなきゃいけない みたいなの、無くなったな。
こう歌いたい、はあっても、
こう歌えばよかった、も、あんまり無い。
いつも完璧とかじゃない。
たぶん、歌ってるときが、一番、落ち着けるのだと思う。
反省するのは、生き方そのものの中にあって、、
そんな事も、今回ちゃんと露呈して、私を揺らした。
そして、
若き愛情に挟まれての千秋楽。
それは、
多くの未来を抱えての千秋楽。
MitaMakoTake。
冒頭のアカペラは、MitaMakoTakeとしての1シーンを思って選曲した。
知ったのは10年以上前なのに、歌うのは初めてだった。

10/23 MitamakoTake
1)陽が暮れる頃 2)東京ラッシュ 3)かぼちゃ 4)ばか 5)突然の贈り物 6)Read me 7)よるのようちえん 8)いつ立ち去ってもいい場所 9)さようなら

3日目 new!

4連ちゃん、3日目は、美智子ちゃんと。
落ち着いたプログラムの中に、
新しいアカペラなどのトライアルな部分も。
私自身の言葉が一番多く存在する場だし、
女性同士という事もあってか、
美智子ちゃんは美智子ちゃんの、
まこりんはまこりんの、
ここで演れる事をそれぞれが持ちより、
2人でのトライアルだったり、
個人の課題であったりしながら、
それはお互いに受入れたり、観察したり、感心したりしながら綴られて行く。
それはつまり、相手への、そして、自分自身への信頼感から生まれていて、
やはり、お互いが重ねてきた今だから出来る事なのだと、、
それは、選ばれし大人にしかできない事だと、嬉しくなる。
対バンの方達も素晴らしくて、
私にとっては発信の場所として大切に位置づけられた、
荻窪velvet sunの、その柔かな光に包まれるような愛を感じたのでした。
それではこの日のプログラムと、いつになく女っぽい私達(撮影/金沢恭孝)を。。。

10/21 to the south
1)ころころ 2)けいとのたま 3)dabada 4)あのひとが来て 5)こころのすみっこに椅子をおいて 6)サンデードライブ 7)Read me 8)うそ 9)I porish 10)背中合わせ 11)子守唄  enc)人待ち歌
FH000003.jpgFH000023.jpg

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 |38| 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 |All|

About D-D-D-D

makoring
ぐずぐずぶらぶら道草しながらの日々。

Recent Sche-che

Recent I'm tarr

CD

Podcast

Podcast

iTunesなどのPodcastingに対応したアプリケーションにこのバナーをドラッグ&ドロップしてください

my space

my space music

こちらで楽曲の試聴ができます

makoring mobile

QRコード
携帯はこちらから

Powered by
Movable Type 3.35