有り難うございます new!

いいだしっぺなだけ。
そういう事多い。
今回も、言い出した。
私の見切り発車を
マキさん、ミタタケに受けとめてもらって、今日に至った。

誰かが言い出さなきゃ始まらず、
それを納得して受入れて実行する誰かがいて動いていく。
そして挑む。

4人共、挑んだ。

結果、本番の今日。
練習しすぎで遅刻の人。
熱すぎて、早く入っちゃった人。
頭ぐるぐるで、眠れてない人。
御飯も食べずに来た人。
誰がどれでもいい。
みんな素敵だった。

私もちゃんと素敵だった。

嬉しいなぁ。

私の、今年のベスト3に入るライブです。
間違いなく。
感慨無量。
泣いてます。
うれし泣き。

有り難うございました。
マキさん。見田さん。佐野さん。
そして、貴重な祝日の予定を、ここに定めて下さったお客さま。
満員御礼。最敬礼。

はぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜。

溜め息。
暖かな。
安堵の。
有り難う。

喜び は いいね。
一番だね。

23日・・・ new!

いいライブになりそうです。
昨日、リハをしました。
内容が決まりました。
素敵です。
贅沢です。
来て欲しいです。
聴いてほしいです。
荻窪の、駅から少し離れた隠れ家のような、
あの小さな空間で、
狐につままれたみたいな夢の一夜にしたいです。

当日券で、どれだけの方がいらっしゃるか解りませんが。。。
先程も書いたように、小さな空間ではあるので、御予約下さるとありがたいです。
たった200円ですが、お安くなりますし。
もういっぱいだろうと思われているメッセージも多いそうです。
みーんなそう思っていて、予約に億劫になっているのかな。
わかります、、そう思いますよね。。
でも。
とりあえず、こちらまでメール送ってみて下さい。
当日の午前中で締め切りま--す。

ライブ情報はこちらを御覧下さい。

うんうん new!

こういう感じこういう感じ。

....って思えるようなライブでした。

16日。日曜日。
大坪寛彦+佐藤芳明+まこりん。

思い描いた通りのライブが出来る事ってあまりないような気がするけれど、
今日は、丁寧に冷静に進める事を心がけて、しかもそれが実現出来る環境だった。

歌ったものが浸透していくのが解る瞬間、
あやふやな瞬間、
いろいろあったのだけど、
自分がまず、翻弄されずに居られた事。
歌い手のポジションは、矢面に受けるので、なかなか揺らぐものなのだけど。

終了して、片付けにステージに戻ったら、
懸命にアンケートを書いていらっしゃるお客さまの姿が。
後で読んでみたら、
期待しないできたら、どうしてどうして素晴らしかった とか
今日のは、安らいで聴けた とか
頭痛が治った〜 とか
50回を数える星だまりライブ、
つまり、常連の方の意見だからホンモノなわけです。力を貰います、ホントに。

CDはいつも、沢山持って行っても売れないわ、重いわ、
今日は、それでも10枚くらいは持っていって、
いや〜、欲ばりすぎだろーなどと思ってたけど、
完売してしまった。有難いです。本当に。

今日の感想を、14日の[もう一踏ん張り]に書き込んで下さった方も..嬉しいです。ほんとに。

佐藤さんのアコーディオンは、とても"唄う"のです。
伴奏に沈むのでもなく、
主張しすぎるわけでもなく、
わきまえて、 
そして、
唄っている。
その 唄 を聴くのが、とても嬉しかった。

大坪さんの存在は大きくて、
大坪さんがいるから甘えてしまうとこが、私にはあるんだけど、
その辺、ちゃんと やはり
わきまえて、
甘えていいとこ 
甘えちゃだめなとこ
ちゃんと導いてくれるのが大坪さんだと思う。
長い付き合いな分、私のソロの部分を、ちゃんと聴いてくれて、
ちゃんと褒めてもくれたので、
それは、凄く信じられるので、
イイ気になって頑張ります。

幸せな1日。

リハにて。
081104_1315~01.jpg
ボタンが戻らなくなる現象が起きて、メンテに真剣な佐藤さん。
口でくわえてる細いペンライト、、
実は、当日、暗い楽屋で化粧する私を、時々照らしてくれたりした。
暗い中で着替えて、ワンピースが裏返しだったのを指摘してくれたのも佐藤さんだった。
初顔合わせでお世話になり過ぎ恥ずかし過ぎ。。

素敵なこの組み合わせ、、
次回は来年、2月25日、西荻窪サンジャック予定です。

ふぅ〜。
23日に向けて、予約が、ぽつりぽつりと来ている模様。
これもまた嬉しいこと。
ちゃんと応えたい。

そして。
4年半に渡って続いてたネットラジオ"おしゃべりサプリ"が、
今年一杯で、お休みになります。
アーカイブは残るので、これまでの放送は聴く事ができます。
休止が急遽決まったので、
既に録音してた分に、最終回コメントを加える、、今日は、その収録だった。
ベテランのスタッフに囲まれて、
私は好き放題やらせてもらってたけど、
それはお互いを"信頼"してるから出来た事。
いつ、信頼されたのか、実感がないけど、
早いうちに、何か、任されていた感があったし、
プレッシャーをかけられる事もなく、
ただただ、あとは"高瀬流"にしてね、、と優しく委ねてもらっていた。
本当にストレスのない現場だった。
私自身は、単発の現場が中心なせいか、
レギュラー的な事が少なく、
それが 終る というのは、なかなかセツナイ出来事ではあります。
終わりがあって、改めて、愛されてた事を実感。

そう、それは、人を巻き込む事、全てにおいて、、だ。な。うぅぅ。

もう一踏ん張り new!

23日のmitamakimakotakeに向けて、
リハやミーティングが重ねられ、
見えない部分の中にも、
フツフツと楽しそうな因子みたいなものがうごめいている。
こんな機会だから出来る事に、
最後まで楽しい企み心を忘れずにいたい。
それぞれを知る人が、それぞれの視点からトキめけるといいな。

今日は、トラパラだった。
今年、コンスタントにお世話になった赤坂グラフィティ。
昼間リハをして、
グラフィティ入ってサウンドチェックがてら歌って、
本番でも勿論歌って、、
意外と歌ったよ、今日は。
で、本番で、曲、止めました、私。はい。
"なんか・今・誰か・目の前通ったの"って、
だから"やり直して、お願い"って言いました。はい。
気持ちよくやりなおした。はい。
CD、持ってった分少なかった、、全部売れた。ほっ。
対バンの、角森さんとダイナミックオーシャンズ、、
前も対バンしたし、個人的にも3回目なのだけど、
今日のがいっちばん笑った。
すごいテンションでした。
トランスパランスオーシャンズ、実現なるか???ってな話も浮上。
楽しい事は、やっておこう。

まもなく佐藤さん&大坪さんとの共演。
仙川のジャズフェスは、賢作さん、鬼怒さん、まこりんで"さりげなくDiVa"だった。
今回のはそうだな、、"それとなくDiVa"かな。
素敵なので、来年、また御一緒するつもり。

世の中、来年を視野に入れつつ、今年を見返りつつな感じ。
”もしかして...今年最後の.....?”なんて言葉が、色んなとこに聴こえてきてる。

色々あったな。
2008、もう一踏ん張り。

ていねいに new!

日付が変わったから、今日になる、、
0123吉祥寺 という、
0歳児〜3歳児までの子供達を対象に、そのご両親も集えるような素敵な施設が武蔵野市にあって、
明日は、そこのお祭り。
私は、mitatakeの見田さんにサポートしていただいて、ライブをする事になっている。

集中してリハーサルを重ねた。
本来ならもういいかなとも思ったけど、
やっぱり今日...昨日か....昼間、
最終リハをやろうと、お互い都合をつけ、確認と通し。
終了後、見田さんは本番へ、私は別リハへと、散った。
プログラムも丁寧に話し合って決めた。
きっとバタバタして、思ってた事の半分も出来ないかもしれないけど、
全ては1回を重ねる事。
"機会"を 丁寧に 過ごしたい。
心のイガをできるだけとって、
ひっかかってる色々も置いといて、
ただピュアにいられますように。

誰でも来られます。
私が歌うのは14時から。
詳細はこちら

めまぐるグルグル new!

27日のmitamakotake。
今年は偶数月に、、という決め事に従っての。
とにかく、音にして放つという目的の。
来月は、マキさんを加えての1回となり、
12月、mitatakeは、大半をツアーで過ごす事になるので、
多分、時間はとれないだろうと思われ、、
とすると、今回が、mitamakotakeだけで演る今年最後のライブだったという事になる。
それぞれが、それぞれの、次のステップに集中しなきゃならない中で、
なんとか時間を作り、せわしなく集まって、かき集めるようにした音でも、
絶対に絶対に、マイナスにだけはしていない。
それぞれの気付きの中に、それが必ずあるはず。
11/23。
是非、いらして下さい。

そして、身体作り。
身体を動かしている事が、とても救いになる日々。
マシーンの負荷にやっと耐えられるようになってきたり、
水中でがしがし大股で歩いてもブレなくなって来たり、
柔軟性が戻って来て、ストレッチしたがる身体と対話したり、
久々にテーピングをしてみて、その威力に感動したり、
スポーツ人口の多さに、単純に感心したり。
身体ばかりはごまかしが効かないから、
コツコツやるしかない。
まだ踊りに入れる身体ではない、、残念ながら。
でも、少しずつポジションを確かめたりしていると、
その喜びは、小さいけれど、とても熱くて強い。

さてと。
ふぅ〜〜。
11月は、
みたまことらぱらつぼさとまこみたまきまこたけさうすでぃばでぃばでぃばでぃば。
間に色々リハリハリハリハ、
めまぐるグルグル実る秋。


濃厚ライブ続く new!

24日、関内ホールは600人を越すお客さまで、
賢作さん、俊太郎さんの話を中心に、なごやかに進んでいきました。
トーク部分を最小限におさめ、
朗読と歌、、いろんな言葉が微妙に呼応し合って、
また新たなメッセージになっていったように思います。
綺麗な声ですねぇ と、サインに並ばれたお客さまから声をかけていただきました。
歌の人だけのCDが欲しいと言われた盲目のお客さまがいらしたようで、、
DiVaも、歌っているのは私だけなんですが...
どうやら"まこdemo"を御買い上げ頂いたようです。
ホレハレってな事で大丈夫だっただろうか。。。
横浜はやっぱりいいな。来月は、ドルフィーがある。楽しみ。
谷川号にみんなで乗って、一時間で都内へ。
谷川邸にて、俊太郎さんも一緒に、お疲れ乾杯。
そして、
10年前のワインのボトルに、みんなでサイン。
なんと、10年前ライブをしたところの主催の方が、
その打ち上げで飲んだワインボトルを記念にとっておいて下さったとの事。
でも、サインをしてもらわなかったのが、どうにも心残りで、、と、送ってこられたのでした。
ラベルが少しくすんでいて、乾いた赤ワインの筋に、宴が蘇るよう。。
全員無事サインを入れ、あとは郵送して、無事にお手元に届く事を祈るのみ。
嬉しいですねぇ。。こんなふうに、人の心に残る事は。
そんな事もあって、いつのどういうツアーだった?なんて話になり、
結局みんなで、昔のDiVaツアーの膨大なDMなどの資料を見て、大いに盛り上がる。

そして昨日25日、
実は、@大宮 鉄道博物館でライブがありました。
メンバーも豪華、、
谷川賢作グループ: 谷川賢作(Pf) 吉野弘志(B) 鶴谷智生(Drs)
高瀬麻里子(Vo) 牧原正洋(Tp)
スペシャルゲストとして、谷川俊太郎(詩人)さんや山本容子(画家)さんも加わった。
一般入場不可のclosedパーティでもあったので、情報は出さなかったけれど、
これはなんとまぁ、かなり珍しい素敵なライブでした。
吉野さんも鶴谷さんも知ってはいたものの、初顔合わせで、
1回のリハで出来上がって来る音のレベルが尋常じゃなくて驚きました。
テクニックなんてとっくのとうに越えている先の音。
本番はそれがさらに高まる。感動してしまった。
私ったら、ちょいとスタンダードなんか歌ってしまって、ははは。
似合わないのなんの、容子さんが飛び入りで一緒に歌って下さったりして、助かりました。
夕方行われていたトークショーの出演していた嵐山光三郎(作家)さんも、一番前で楽しんで下さっていた模様。
鉄博写真、何点か...read moreへ。

いやー、濃かった2日間。
今週は、この2本のリハ、
そして、明日のmitamakotakeのリハ、
s.i.p.のリハと立込み、、
来年の録音関係の打ち合わせやら、
11月のライブの資料準備やら、、
の中で、全然思うように進まなかった.体力作り......
しょうがない、、とにかく無事、濃い本番2本を充実の中に終了、
そして明日の、mitamakotakeへ雪崩込みます。

明日は、2番目で20時過ぎの出番、
吉祥寺はマンダラ2へ、是非、おこし下さいませ。
御待ちしております。

read more

open air Live new!

石田倉庫のアートな2日間。
そうとう楽しい文化祭的アートな御祭りで
こっそりと歌いました。
小さなステージでは、ほったて小屋みたいなものがあって、
子供達が、好きに色ぬって遊んでいる。
その前で、適当に歌い出してみました。
いわゆる、懐かしい感じの、マイクが2本くらい使えるワイヤレスアンプ、、
こういうのね、、img10142485855.jpeg
マイクスタンドもなくて、
ハンドマイクに出来ないときは、
友達に側にいてもらって、口元にマイクを差し出してもらうなんていうやり方で。
アカペラが相変わらず中心で、
たまに弾く誘導性ウクレレは、只でさえ音が小さいので、聴こえてもいないであろう状況。
どこまでちゃんとやっていいものか良く分からず、
寄って来た子供は、嬉しそうに太鼓をたたいてくれて、
繊細な歌も、途中から、結構がっつり歌うしかないという感じだったけど、
やる事に意味があるというような。。
なんだかなぁと思いつつも、
夕暮れ前の空と涼しくなった風が気持ち良く...open air
終って、後悔的要素が少しもないのが嬉しかった。
こういう状況でも、歌おうと思うようになった自分が面白い。
こういう状況でも、プログラムを真剣に練った自分が面白い。
本当に適当に歌い出して、
結局、まこりんでーすくらいで、自己紹介さえしなかったな。
みんなそれなりに足を止めてくれていたのだから、ちゃんと話せば良かったのかな。
まぁいいまぁいい。
それぞれのブースは、本当にセンスが良くて、
いくつも出てる、可愛いレトロな屋台車で買う、昼間からのギネスがすすみました。
もう5回目で、本当に非っ常〜に賑わっておりました。
ここはどこなんだろう、、と思うような異空間で、
ここらへんに住むのもいいなとさえ思ってしまった。
来年は、状況ふまえて演れる。また来よう。

それにしても、
行きも帰りも人身事故。
駅に着くと必ず「え〜〜〜ただいま、**駅におきまして。。」と放送が。
ん〜〜〜
なかなか行かせてもらえず、帰してもらえない日でした。

イベントの記事のひとつ
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokyotama/news/20081018-OYT8T00016.htm

写真はread moreへ

read more

横浜days new!

横浜で仕事があった日、
終了後、母とディナーデート。
いろいろ素敵なお店はあれど、
結局、霧笛楼に予約を入れた。

read more

heavy autumn new!

この秋は
いろんな事があって
なかなか重たげな日々です
でも、実りの重さだと思います
DDDDが更新されないので
ちょいと心配の声もいただき....
すみません
ありがたい事です
なんかね
書ききれないし
うまく言葉にならないし
でもこれは
とても濃い色に紅葉していく秋だと思います
大切な人々の存在で
色はさらに濃くなっていきそうです
そう
ひとつお知らせは
そんなヘビーな日々だからか
神の啓示のように思われ
来夏

また踊る事にしました
札幌に住んで踊ったのは
もう5年も前の事になってしまいました
ただの運動不足で
はっきりいって
不可能に近いと思われる

生きていると
たくさん重なって行くだけで
それはその人らしい服装になっていくけど
脱ぐという方法もあって
きっと寒いだろう
きっと恥ずかしいだろう
でもそうやって
身体ひとつになって
心ひとつになって
わかったこと
わかりたいこと
あるからね
踊ってみようかと

久々に
ジムにいってみました
踊ってた頃
スイスイ上げていた負荷は
まったく上がらなかった
やばい

こんな うた がDiVaにあります

うたを うたうとき

うたを うたう とき
わたしは からだを ぬぎます

からだを ぬいで
こころ ひとつに なります

こころ ひとつに なって
かるがる とんでいくのです

うたが いきたい ところへ
うたよりも はやく

そして
あとから たどりつく うたを
やさしく むかえてあげるのです

まど・みちお「まめつぶうた」より

私にとって
うたう事もおどる事も
同じです
heavy autumn
かるがる とべるかな

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 |26| 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 |All|

About D-D-D-D

makoring
ぐずぐずぶらぶら道草しながらの日々。

Recent Sche-che

Recent I'm tarr

CD

Podcast

Podcast

iTunesなどのPodcastingに対応したアプリケーションにこのバナーをドラッグ&ドロップしてください

my space

my space music

こちらで楽曲の試聴ができます

makoring mobile

QRコード
携帯はこちらから

Powered by
Movable Type 3.35