コクーン歌舞伎

日々、色々、観に行ってる。
昨日は、コクーン歌舞伎(変換すると、最初に「コクーンか武器」と出て来てしまう・・・)。

上演時間、3時間20分越え。
そう知らされていた。
越え。
珍しい書き方だ。
歌舞伎流かな。

何を思ったかというと、
芝居という、Liveなのだ、、と言う事。
役者達は楽しんで、その日の台詞をしゃべる。
もちろん、物語は変わらない、、その役で生きてる中で。

それが、伝統ある古典芸能の世界で行われている事に感動する。
その楽しんでいる姿が、本当に嬉しい。
役者バカ。そんな感じ。最高の褒め言葉として・・・

もちろん、忙しい中での短く厳しい集中稽古を越えて来てるからだろう。
歌舞伎の人達のタフさといったら、本当に尋常じゃない。
午前中から舞台にいて、夜遅くまで、1つの演目でもなく、、
それからお稽古に行って・・・
それでも、ちゃんと遊びに行く事も忘れていない。
どーしてあんなにパワフルなのかなぁ。
もうそういう風に、基礎代謝も思考回路も出来てるんだろうな。
そういう動物なんだな。
歌舞伎役者(人間科)みたいな。
いやいや、それにしても。
今回だって、勘三郎さん以下、1役しかやらない人の方が少ない。
参りました。

みえをきった時に鳥肌がたった。
暗転になった時、密かにやってみた。
目が細すぎた。密かにウケた。

七之助さんの声は素晴らしい。
あの人、すごい楽器を持ってる。
ちょっと、別格。

弥十郎さんは、むかーしむかし、御一緒した事があって、
御馳走になったりもしたけど、覚えているかなぁ、、、と思いながら観た。
そんなのも楽しい。

ななめ後ろには、「中村屋っ!」と声をかける方がいて、気持ちよかった。

劇場も、コクーン歌舞伎の時は桟敷席があって、飲食が客席で出来るようになってた。
なるほどねぇ。

真後ろに、女優の吉行和子さんがいらした。奇麗で可憐。。そんなのも嬉しい。

今回は、倍音Sの尾引浩志さんが出演されていたので、観に行く事が出来た。
ありがとうございました。

観劇後は、ガツガツ食べて、グビッと飲んで、コーヒー&スイーツまで堪能して、
そうしながら、しゃべりまくって。。。。
あ〜。濃い1日だった。
何時間「越え」だ?
ね、だおこちゃん

« 青い部屋 | マジクラ参戦。 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.makoring.com/mt/mt-tb.cgi/321

コメント (1)

そうだった。そうだった。
まこりんは、ミエ切る練習してんだよね。

私は「んなぁぁりこまやあぁっっ!!」練だよ。うん。

コメントを投稿

Recent Sche-che

Recent D-D-D-D

Recent I'm tarr

CD

Podcast

Podcast

iTunesなどのPodcastingに対応したアプリケーションにこのバナーをドラッグ&ドロップしてください

my space

my space music

こちらで楽曲の試聴ができます

makoring mobile

QRコード
携帯はこちらから

Powered by
Movable Type 3.35